頭皮の赤みを改善する具体的な方法について

頭皮の赤みの原因は大きく2種類に分けられます。

炎症やアレルギー反応が起きてしまっている場合と、皮脂を分泌する割合が多くなってしまっている場合が多いです。

炎症と皮脂分泌異常を改善する事は比較的簡単に出来る場合が多いので、是非参考にして頂けると幸いです。

 

頭皮の赤みの原因と改善する方法について

 

◯ 炎症が原因での赤みと改善方法

 

● シャンプーやリンス、コンディショナーが頭皮に合っていない。または落とし切れていない。

ハーブ等の特殊な成分を使用していたり、強い洗浄力のあるシャンプーは、頭皮によっては刺激が強すぎてしまい、頭皮に赤みが出る位の炎症が起きてしまう場合があります。

 

シャンプー時に関しては洗髪の3倍以上の時間はすすぐのが基本で、指の腹で優しく揉むように洗う方が良いですね。

また、リンスやコンディショナーに関してもすすぎが十分で無かったり、頭皮に余分についてしまったり、毛根を塞いでしまう原因にもなります。

 

毛根が詰まってしまうと、毛根内に雑菌等が異常繁殖してしまい、赤みの原因になってしまう可能性が高いです。

育毛剤を使用して頭皮の赤みを改善される場合でしたら、敏感肌専用や男女兼用の物を選ぶようにしたいですね。

 

● 間違った頭皮ケアが原因での赤み

頭皮にかゆみを感じてしまったり、季節の変わり目の生え変わり等が原因で、抜け毛等が起きてしまった時に多いのですが、それがストレスになってしまったり、頭皮マッサージのやり過ぎ等が原因で頭皮が炎症を起こしてしまう場合が有ります。

 

私達は毎日50〜100本近くの抜け毛が有り、洗髪中には50本近く抜けて当たり前なので、それで悩む必要は全く有りません。

気になるようでしたら、「タンパク質」や「亜鉛」等が効率良く摂る事が出来る食品を意識して摂る事で一ヶ月位位である程度は改善出来る筈です。

(「タンパク質」は大豆や肉類が摂りやすく脂の少ない物を選びたいですね。

亜鉛に関しては、レバーや牡蠣(かき)等の貝類に豊富に含まれています)

 

● 鬱血(うっけつ)が原因での頭皮の赤み

頭皮に赤みだけでは無く、実際に触ってみてブヨブヨとした違和感が有る場合は、血流やリンパの流れが悪くなってしまい、頭皮が鬱血(うっけつ)を起こしてしまっている場合が多いです。

 

血行促進効果の期待出来る育毛剤を使用する方法が一般ですが、簡単に出来る改善方法を試してからか、併用が一般的ですね。

年齢による新陳代謝の低下や血行不良等が原因の場合が多く、毎日数分程度のリンパマッサージや、いつもよりも長く入浴をしてしっかりと汗をかくクセをつける、ウォーキング等で新陳代謝を高める事等で簡単に改善出来る事が多いです。

 

また、雑誌やテレビ等にある頭皮のリンパマッサージや、美容室等で頼めば教えて頂ける筈です。

毎日数分程度なので、是非継続してみて下さい。

 

● 食生活や生活環境等が原因で頭皮が弱ってしまっている

ダイエットや不規則な生活等で偏食傾向であったり、ストレスや加齢等が原因で頭皮が弱ってしまう場合があります。

髪の主成分であるケラチンやミネラル、亜鉛やタンパク質を摂る事も非常に大切ですが、バランスの良い食事をしっかりと摂る事も頭皮の改善には必要不可欠です。

 

頭皮も肌も同じ皮膚なので、葉物野菜や人参やかぼちゃ等の緑黄色野菜等を意識して摂る事で「ビタミンA(ベータカロチン)」や「ビタミンB群」を摂取する事が出来ますし、貝類からは亜鉛だけでは無く「ビタミンE」等を摂る事が可能です。

 

確かに、頭皮の赤みを改善するには専用の育毛剤を使用すると効果的ですが、上記のような方法でも簡単に改善出来る場合がありますし、正直、育毛剤だけを使用して何も改善しないでのは、なかなか変化が出るまでに時間がかかると思います。