ツバキ油の髪への使い方と注意点

まず、ツバキ油の量に関してです。

ツバキ油を洗髪後に使う場合は、洗髪後に洗面器に対して約半分位のぬるま湯を用意し、ツバキ油を4滴程度を目安にして混ぜます。

 

もちろん、使い方は同じですが、洗面器とツバキ油の量に関しては、髪の量や長さにも左右されますので、まず洗面器半分とツバキ油4滴程度から初め、自分に一番適した量を見つけて下さい。

 

次は、ツバキ油の入ったぬるま湯を髪に馴染ませていくのですが、出来れば洗面器で顔を洗ったり、美容室で髪を洗って頂くような感じで洗面器の上でゆっくりと浸透させるイメージで馴染ませます。

この後は、シャワー等で髪を洗い流す事はせずにドライヤーで乾燥させるようにして下さい。

 

洗面器にツバキ油の入ったぬるま湯が余ってしまった場合は、乾燥が気になる場所を意識して浸透させるような感じで肌にかけても良いです。

元々、ツバキ油の主成分は、皮脂の主成分と同じ成分「オレイン酸」ですので、乾燥が気になる場所に付けると良いです。

 

ツバキ油は紫外線を通しにくくしてくれますので、乾燥が気になる季節だけでは無く、紫外線が気になる夏にも活躍してくれます。

 

どのような髪質に効果が有る?

ツバキ油の使い方も大切ですが、効果が一番実感出来るのは、「パサついた髪質」と、ドライヤー後や湿度が高い日に「髪の毛がまとまりにくい」「くせ毛」等の髪質です。

もちろん、髪や頭皮の皮脂分泌量が多い方にもツバキ油は有効的ですが、ツバキ油を付ける事によって皮脂分泌量を減らす事が目的ですので、どうしてもある程度以上の時間が必要になってしまいます。

 

使い方よりも大切なポイント

ツバキ油は比較的酸化しにくいですが、自然の物ですので、長期間放置してしまうと酸化してしまい、変質した場合は独特の悪臭を放つようになってしまい、髪に使用する気にならないと思います。

洗髪後の使い方を見て頂ければ分かるかも知れませんが、ツバキ油は毎使用時に数滴程度しか使用しません。

 

使用する頻度にも関係しますが、ツバキ油は出来るだけ小瓶から始めた方が良いと思います。

個人的には、ツバキ油は使用料が多いとかなりベタツキが気になってしまいますので、色々調節したり、他の天然由来系オイルを試して本当の意味で自分に有ったオイルを探してみるのも良いと思います。

 

髪にツバキ油が合わなかった場合は、鼻に出来易い角栓ケアにも最適ですので、是非利用してみて下さい。

もし宜しければ、「ツバキ油の髪への効果は?歴史が違います」の記事も参考にしてみて下さい。