頭皮の乾燥にベビーオイルを使用する前に

頭皮が乾燥した時に「育毛剤」や「ヘアケア剤」等を使用される方が一般的ですが、原因と症状によっては「ベビーオイル」だけでケア出来る場合も有ります。

ベビーオイルにも100円均一の物から、3000円以上する高級品まで様々です。

 

もちろん、「頭皮の乾燥プラスアルファ」で悩まれているのであれば、育毛剤やヘアケア剤等の「専用」に軍配が上がりますが、頭皮の乾燥しか悩みが無いのであれば、ベビーオイルでも十分にケアする事も可能だと思います。

 

ベビーオイルが乾燥に良い理由

赤ちゃんの肌は非常にデリケートで乾燥し易いです。

繊細でトラブルを起こしてしまいがちな頭皮環境にも似ているとも言えます。

 

ベビーオイルが頭皮トラブルで悩む方に支持されている理由の一つに、実は頭皮の乾燥の他に、髪の毛に使用する事も可能な点も有ります。

また、正直な所、価格は関係無いのですが、念のために成分は確認してから購入したい所です。

 

基本的にベビーオイルは「赤ちゃん専用」に作られていますので、天然由来成分で低刺激、無香料、無着色に作られています。

ですが、全ての商品を把握している訳では有りませんので、断言は出来ません。

 

購入時は全成分を確認してから購入する方が無難です。

 

ベビーオイルが適していない頭皮

自分では頭皮が乾燥していると感じていたとしても、皮脂量等が十分に頭皮に供給出来ている場合は、逆効果になってしまう場合が多いです。

ベビーオイルは文字通り、「油分」ですので、フケやカサブタが湿ったような感じがする方や、その方の頭皮環境に対して適切な皮脂量の場合、ベタツキ等を引き起こしてしまいがちな方は逆効果です。

 

頭皮に対しては特に意味も有りませんし、髪の毛がベタッとしたような印象になり、不衛生な印象を与えてしまう可能性も出て来てしまいます。

 

ベビーオイルなら何でも良いと言う訳では有りません

ベビーオイルは基本的に天然成分のみが配合されていますが、頭皮の乾燥を改善したい場合は出来る限り頭皮に優しい物を選びたいです。

コレが一番と言うのは頭皮環境によって異なってしまうので申し訳い無いのですが、「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」「イソステアリン酸コレステリル」「エチルヘキサン酸セチル」のように科学的に合成された物よりは、天然由来成分と「トコフェロール(ビタミンE)」等で構成されたベビーオイルが良いです。

 

また、特に強いこだわりが無ければ、「馬油」や「ツバキ油」も頭皮の乾燥に対して効果的です。

もし宜しければ、「頭皮が固いと何が危険?女性に多い問題」の記事も参考にしてみて下さい。