頭皮のべたつきで悩む女性が増えている理由

最近、女性の中で頭皮のべたつきが気になると言う方が増加しつつあり、深刻な臭いやフケ、かゆみ等を引き起こしてしまう可能性が高いです。

女性の頭皮のべたつきが深刻化してしまう原因は様々ですが、共通している事は、原因を改善しない限り頭皮のべたつきは改善される事は無いと言う事です。

 

女性に多い頭皮のべたつきの原因

1日に2回以上髪を洗う方は意外と多いのですが、殆どの場合、洗い過ぎだと言われています。

女性は乾燥肌傾向に有り、肌も敏感な方が殆どです。

 

特にお風呂上がりや冬に肌がつっぱり安い方は注意が必要で、頭皮のべたつきが気になる場合は、洗い過ぎとシャンプーが原因としては多いです。

頭皮のべたつきは「皮脂の分泌過多」が原因である事が多く、殆どの場合は、「頭皮に必要」だから分泌されます。

 

元々の体質では無いのにも関わらず頭皮のべたつきが気になる場合は、洗い過ぎが原因ですので、髪を洗う回数を減らすか、オレイン酸の含まれている天然由来100%のオイルで頭皮を保湿する週間を作るようにした方が良いです。

「オレイン酸」は皮脂の主成分で、特定の天然オイルに含まれている事が多く、適量を皮脂に塗る事によって頭皮からの皮脂分泌量を減らす事が可能です。

 

意外かも知れませんが、次に多いのはドライヤーが頭皮に当ってしまう事による乾燥で、頭皮の洗い過ぎと同様に天然オイルで保湿ケアする事によって、頭皮のべたつきは防ぐ事が十分に可能です。

 

女性の社会進出と頭皮

頭皮は洗い過ぎやシャンプーによる皮脂の洗い過ぎやドライヤーによる乾燥だけでは無く、揚げ物やファーストフード、肉類やお菓子類に多い脂肪分は、継続して摂取する事によって、頭皮のべたつきの原因になりがちです。

また、食事中に含まれている脂肪分だけでは無く、「糖質」も頭皮のべたつきの原因になりがちです。

 

脂肪分と言うと健康を気にする女性であれば避けている場合が多いのですが、糖質は肉や魚だけけでは無く、果物全般、豆類や根菜類にも含まれていて、ドレッシング系や豆乳、野菜ジュースや白ワイン、牛乳にも含まれています。

このままでは何も食べられれ無くなってしまいそうですが、ようは「バランス良く食べる事」が一番大切だと言う事です。

 

また、人間が太る原因の殆どは、「糖質」「脂質」ですので、高タンパクで低カロリーと野菜の比率を上げる事によって、頭皮のべたつきを解消するだけでは無く、ダイエットや美容効果も得られるので、女性にとって嬉しい効果が沢山得る事が可能です。

もし宜しければ、「ツバキ油の髪への使い方と注意点」の記事も参考にしてみて下さい。

 

オイリーヘアはシャンプーを変えるのが一番?

以前はオイリーヘアと言うと男性が多かったのですが、最近では女性も増加傾向に有ります。

とりあえず洗浄力の強いシャンプーを選んで対処すると言う方が多いのですが、逆効果になってしまう場合が殆どですので、原因をしっかりと把握して対処する事が体質改善の近道になります。

 

何故、オイリーヘアになる?

頭皮の皮脂が増えてしまう原因は、生活環境の変化、ホルモンバランスの崩れ、間違ったシャンプー選びが大半です。

生活環境の変化に関しては、油や脂等の多い食事、ストレス等も原因になります。

 

食事に関しては、何年も前から同じような食生活であったとしても、加齢による基礎代謝能力の低下等で、処理出来なくなってしまったと言う事も考えられます。

また、何らかの食品を摂取した事によるアレルギー反応が原因でもオイリーヘアになってしまう場合も有ります。

 

ホルモンバランスの崩れに関しては、顔のテカリやニキビ等の変化、精神的な不調、ストレス等によって引き起こされてしまいますので、オイリーヘア以外にも何かしらの変化が有りますので、判断材料になると思います。

 

内的要因にシャンプーは逆効果です

生活環境やストレス等は身体の内側が原因でオイリーヘアを引き起こしていますので、洗浄力が強いシャンプーに変更しても皮脂分泌量が減る事は有りません。

それよりも、洗浄力の強いシャンプーによって以前よりも皮脂量が増える危険性が出て来てしまいます。

 

辛いと思いますが、内的な要因を改善しない限り、良くなる事は有りません。

これは、シャンプーが原因でのオイリーヘアに関しても言える事で、自分の頭皮環境に合っていないシャンプーを使用してしまった人は高い確率で何らかの頭皮トラブルが起きてしまいます。

 

皮脂は頭皮を乾燥や雑菌、カビ等から守る働きが有り、洗浄力の強いシャンプーで皮脂を過剰に落としてしまうと、負けないように徐々に皮脂分泌量を増やしてしまいます。

皮脂は残り過ぎても落とし過ぎても駄目ですので、心当たりが有る場合は、石鹸シャンプー等に変えてみるのも有効的です。

 

頭皮の健康状態も関係してしまいます

分け目等から頭皮を見た場合、透明感が有り、少し白っぽく見える状態が理想です。

指の腹で軽くマッサージした時に程よい弾力が有る事も大切で、少し固く感じてしまったり、健康的な色では無い場合は、入浴中等に軽くマッサージをすると効果的です。

 

マッサージをする時に関しては、人の皮脂に近いオレイン酸を含んだツバキ油やアルガンオイル等が良いです。

もし宜しければ、「ツバキ油で頭皮クレンジングすると?」の記事も参考にしてみて下さい。

 

癜風菌は頭皮に誰でも出来る可能性が有ります

癜風菌(でんぷうきん)と言う真菌が頭皮で異常増殖してしまう現象で、マラセチア・ファーファーと呼ばれる事も有り、黒ナマズと呼ばれる場合も有ります。

普段は、頭皮だけでは無く私達の身体に当たり前のように存在している常在細菌の一種です。

 

痒みが伴う事は殆ど無く、誰かに指摘されるまで気付かなかったと言う方も多く、茶色い場合はシミ等と間違えられてしまう場合も有ります。

茶色の場合が多いですが、黒色や白色の場合も有り、「黒色癜風」「白色癜風」と呼ばれています。

 

癜風菌が増殖してしまう理由

常在細菌ですので、普段は私達を雑菌等から守ってくれています。

ですが、体調不良が続いてしまったり、生活習慣やストレス等で肌コンディションが低下してしまうと誰でも癜風菌が増殖してしまう可能性は有ります。

 

常在細菌ですので、増殖してしまう原因は専門家でも把握しきれていないのが現状です。

湿度や気温、汗や皮脂との関連性が高いと言われています。

 

病気中や療養中の方、お子様やご高齢者様、ダイエット中の方は頭皮に発症し易いです。

また、癜風菌は温暖化や高温多湿化にも大きく関係していると言われていて、日本以外では高温多湿地域に多発している特徴が有ります。

 

頭皮以外にはどこに現れる?

湿度と温度が高い事が関係していますので、頭皮以外には脇の下や衣類で覆われている胸や背中等にも癜風菌は増殖してしまいます。

意外と勘違いされている方も居られるのですが、癜風菌は水虫に代表される白癬菌とは異なり、人に感染する事はほぼ無いと理解して頂いて大丈夫です。

 

ですので、入浴しても大丈夫です。

この時に洗浄力が強いボディーソープ等を利用するのは考えもので、癜風菌以外の常在細菌も減らしてしまう可能性が有ります。

 

頭皮に癜風菌が現れた場合は?

洗い過ぎはフケや痒みや悪化に繋がりますので、出来るだけ早く皮膚科を受診した方が良いです。

よく、インターネットや自称頭皮に詳しい人(?)はシャンプーや生活環境を改善すると癜風菌が治ると言う方も多いのですが、あまり賢い選択だとは言えません。

 

処方される薬にもよりますが、数日で変化が有る場合も有り、数週間で治まる場合が殆どだと言われています。

 

色素沈着に関しては、年齢が高くなる程新陳代謝が低下してしまいますので、跡が残り易いと言われています。

 

もし宜しければ、「女性の薄毛【頭皮が赤いのは病気?】」の記事も参考にして下さい。

 

ニベアの青缶を頭皮に使用するのは微妙

ニベアの青缶は、モチっとしていて毛穴の目立たない肌を手に手に入れる事が出来ると有名です。

肌だけでは無く、髪や頭皮、唇やまつげ等、まさにオールマイティーに使用出来る事と、超高級クリームとほぼ同じ成分で構成されている事でも話題になっています。

 

ちなみに、青缶で有名なニベアはドイツで1911年頃に「医薬品」として製造されて来て、100年以上の信頼と実績が有ります。

成分に関しても殆ど変更されていない事も特徴の一つと言えます。

 

ニベアの青缶は、ドラッグストア等で気軽に購入出来る同価格帯のクリームとはレベルが違う印象です。

 

頭皮や髪にニベアの青缶を使用する場合

頭皮と髪をケアする目的で使用したい場合は、入浴後の毛穴な十分に開いた状態の時に使用した方が効率的です。

固く感じてしまうようでしたら、他のヘアケア商品と混ぜて伸ばしたり薄めたりすると頭皮に使用する場合も均等に全体に行き渡らせてあげる事が可能です。

 

頭皮ケアに関してはニベアの青缶だけでも十分と言えば十分ですが、保湿やトータルケア的に優れている印象です。

肌荒れやフケ、痒み等の悩みもどうにかしたい場合は、その悩みに合ったオイルやヘアケア商品と混ぜたり併用して使用した方が良いと思います。

 

また、髪の毛のみのケアに関しても、髪のダメージケア系のアイテムを使用した後に閉じ込めるように使用した方が良いです。

そこまで真剣に髪の毛のみのケアをする必要が無いと感じた場合は、ニベアの青缶で頭皮ケアした後に毛先等の傷みやすい部分にのみ伸ばすように使用してあげるだけでも十分に変化は実感出来ると思います。

 

本当にニベアの青缶は頭皮に良いの?

確かにニベアの青缶はオールマイティーに使用出来ますし、価格的にもリーズナブルですが、それは科学的に合成された成分を使用しているからです。

それらの成分自体を使用するのに抵抗が無いのでしたらそこまで気にする必要が無いのかも知れませんが、顔や頭皮は私達が思っている以上に繊細に出来ています。

 

いつもよりも頭皮が乾燥して突っ張っているような感じがしてしまう場合や、毛先等がぱさついているように感じてしまう場合に応急処置的にニベアの青缶を使用するのが賢い選択だと思います。

夏や冬、ストレスや外的な要因等によって頭皮や髪にダメージが有る場合に、短期的に使用するのが望ましく、数ヶ月以上の長いスパンで頭皮や髪、顔等をケアしたい場合は、ニベアの青缶では少しだけ不安を感じるのが正直な所です。

 

もし宜しければ、「柚子油を頭皮に使う?ビタミンPの効果」の記事も参考にして下さい。

 

頭皮の乾燥にベビーオイルを使用する前に

頭皮が乾燥した時に「育毛剤」や「ヘアケア剤」等を使用される方が一般的ですが、原因と症状によっては「ベビーオイル」だけでケア出来る場合も有ります。

ベビーオイルにも100円均一の物から、3000円以上する高級品まで様々です。

 

もちろん、「頭皮の乾燥プラスアルファ」で悩まれているのであれば、育毛剤やヘアケア剤等の「専用」に軍配が上がりますが、頭皮の乾燥しか悩みが無いのであれば、ベビーオイルでも十分にケアする事も可能だと思います。

 

ベビーオイルが乾燥に良い理由

赤ちゃんの肌は非常にデリケートで乾燥し易いです。

繊細でトラブルを起こしてしまいがちな頭皮環境にも似ているとも言えます。

 

ベビーオイルが頭皮トラブルで悩む方に支持されている理由の一つに、実は頭皮の乾燥の他に、髪の毛に使用する事も可能な点も有ります。

また、正直な所、価格は関係無いのですが、念のために成分は確認してから購入したい所です。

 

基本的にベビーオイルは「赤ちゃん専用」に作られていますので、天然由来成分で低刺激、無香料、無着色に作られています。

ですが、全ての商品を把握している訳では有りませんので、断言は出来ません。

 

購入時は全成分を確認してから購入する方が無難です。

 

ベビーオイルが適していない頭皮

自分では頭皮が乾燥していると感じていたとしても、皮脂量等が十分に頭皮に供給出来ている場合は、逆効果になってしまう場合が多いです。

ベビーオイルは文字通り、「油分」ですので、フケやカサブタが湿ったような感じがする方や、その方の頭皮環境に対して適切な皮脂量の場合、ベタツキ等を引き起こしてしまいがちな方は逆効果です。

 

頭皮に対しては特に意味も有りませんし、髪の毛がベタッとしたような印象になり、不衛生な印象を与えてしまう可能性も出て来てしまいます。

 

ベビーオイルなら何でも良いと言う訳では有りません

ベビーオイルは基本的に天然成分のみが配合されていますが、頭皮の乾燥を改善したい場合は出来る限り頭皮に優しい物を選びたいです。

コレが一番と言うのは頭皮環境によって異なってしまうので申し訳い無いのですが、「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」「イソステアリン酸コレステリル」「エチルヘキサン酸セチル」のように科学的に合成された物よりは、天然由来成分と「トコフェロール(ビタミンE)」等で構成されたベビーオイルが良いです。

 

また、特に強いこだわりが無ければ、「馬油」や「ツバキ油」も頭皮の乾燥に対して効果的です。

もし宜しければ、「頭皮が固いと何が危険?女性に多い問題」の記事も参考にしてみて下さい。

 

頭皮の脂を抑えると逆効果|急がば回れ

毎日清潔に洗髪している筈なのに、昼過ぎから夕方にかけて頭皮が運動をした後のように脂だらけになってしまう事が有ると思います。

「何か抑える方法は?」と、気持ちばかりが焦ってしまい、非常に高価なヘアケア商品やシャンプー、サプリメント等を購入してしまいそうになってしまう時も有ると思います。

 

確かに、市場には頭皮に過剰に分泌される脂を抑える事が出来る商品も沢山有りますが、頭皮の脂が出てしまう原因は様々で、その原因自体を解決出来ないでいると、その商品を購入し続けるしか有りません。

 

もちろん、皮膚科を受診するのが一番早いです。

今記事では、皮膚科に行って「◯◯な生活を改善して下さい」と言われてトボトボと帰宅する前に知っておきたい改善点について触れて行きます。

 

頭皮の皮脂が増加してしまう原因

まず、頭皮の皮脂は「汗」と「脂」の混合物です。

保湿クリームのような役割が有り、頭皮や毛根を乾燥から防ぐだけでは無く、菌や雑菌が異常繁殖してしまう事を防ぐ働きも有ります。

 

つまり、頭皮の脂が過剰に分泌されるのは、通常であれば、身体が「必要」だと判断しているから分泌していると言う事です。

ですが、抑える必要が有ると言う事は、体質や遺伝で無い限り、身体が皮脂を必要だと判断せざるを得ない何かをしてしまっている可能性が高いです。

 

抑える必要が出る位分泌される理由

 

◯ ストレスやホルモンバランス

頭皮だけでは無く、顔が皮脂でテカってしまったり、ニキビ等が出来易い方は、精神的なストレスやホルモンバランスが崩れてしまっている事が原因である可能性が高いです。

 

また、この事を把握して生活環境等を改善していれば皮脂の分泌異常も改善出来ていたのに、洗浄力の強いシャンプーを使用してしまっていたり、洗髪の回数を増やしてしまうと逆効果です。

 

ストレスやホルモンバランスによって一時的に皮脂が増えてしまっていたとしても、過剰に洗い流してしまっていては頭皮は皮脂が足りないと判断してしまい、分泌量は増加して行く一方です。

 

◯ 食事

私達の身体は過去に摂取して来た物によって構成されていると言っても過言では有りません。

刺激物や脂っこい物、ナッツ類や洋菓子等を中心とした食生活を長く続けてしまうと、それに合わせて皮脂の分泌量も増えてしまいます。

 

この場合は、皮脂を抑える商品を購入するのでは無く、食事内容を改善するだけで十分です。

 

◯ シャンプー

頭皮の皮脂を抑える目的や爽快感等が目的で、洗浄力の強いシャンプーを使用してしまうと、頭皮に必要な分の皮脂も洗い流す事になってしまいます。

本来ならば「石鹸シャンプー」等の低刺激ですが、不必要な皮脂は抑える事が出来るシャンプーに変更するべきですが、逆に抑える方向に向かってしまいがちです。

 

また、急激にシャンプーの中止してしまう方も居られますが、あまり良い結果は聞いた事は有りません。

もし宜しければ、「頭皮のかさぶたで悩む女性が急増?」の記事も参考にしてみて下さい。

 

頭皮のかさぶたで悩む女性が急増?

頭皮にかさぶたが出来る原因としては、「カビや雑菌」「傷や炎症」「洗い過ぎやシャンプー」「ストレスや頭皮トラブル」の4種類が多いです。

更に女性の場合は、「ヘアカラーやパーマ」等も多いです。

 

今記事では、女性の頭皮にかさぶたが沢山出来、「フケ」のような物が沢山出来てしまう原因と解決策について触れさせて頂きます。

忘れ無いで頂きたい事は、改善策として「育毛剤」「専用シャンプー」等が有りますが、皮膚科に勝る方法は存在しないと言う事です。

 

それは、費用面においても、確実性においてもです。

 

かびや雑菌による女性の頭皮のかさぶた

私達の肌や腸内は、常在細菌によって他のカビや雑菌等から守られています。

ですが、消臭や除菌目的の商品や、自分の頭皮環境に対して洗浄力が強過ぎるシャンプーを使用してしまった場合、頭皮を守っていてくれる筈の常在細菌が減少してしまいます。

 

この状況が続いてしまうと、他の種類のかびや雑菌が増加してしまい、見た目は綺麗な頭皮であったとしても、不衛生な頭皮環境になってしまいます。

カビや雑菌が増えてしまうと「痒く」なり、掻いた「かさぶた」がカビや雑菌の「餌」「巣」になる可能性も高く、悪循環になってしまいがちです。

 

同時に頭皮自体が炎症を起こしやすい状態になりますので、気がついたら「掻いて」しまい、「かさぶた」が増える一方です。

これは、どちらかと言うと女性に多く、生物である以上ある程度は仕方の無い「匂い」に過敏に反応してしまった事が原因です。

 

改善策としては、消臭系や除菌目的の商品を頭皮につけていないかを確認し、シャンプーを見直す事です。

この時に陥りがちなのは、意味が分からない位高いシャンプーを使用してしまう事です。

 

アマゾンや楽天で「無添加、無着色、無香料、シャンプー」等を打ち込んで検索すると安くて良い物が沢山出て来ます。

頭皮環境の改善が目的ですので、女性の頭皮やフケ専用の物を選ぶ必要は無く、小さなお子様でも使用出来るかが重要です。

 

価格的な目安ですが、詰替え用であればワンコイン位で十分です。

育毛剤等の購入は考えず、まずはそこから改善し、様子を見て下さい。

 

傷や炎症による女性の頭皮のかさぶた

先ほどのカビや雑菌による状態に関してもそうですが、「かさぶた」は新しい皮膚が出来て修復するまでの間、頭皮を保護する事が目的で生成されます。

通常であればかさぶたは自然に剥がれ落ちるのですが、無理に剥がしてしまうと、かさぶた部分だけでは無く、周りの皮膚も傷付けてしまいます。

 

これは、非常に痒くてほぼ反射的に掻いて癖になる場合が多いので、皮膚科に行くのが一番早く確実です。

特に女性は髪の毛が長くて「蒸れ易い」ので、傷や炎症は収まりにくく、髪を短くする事も抵抗が有ると思います。

 

洗い過ぎやシャンプーが原因の場合

内容が重複してしまうので割愛させて頂きますが、私達が簡単に購入出来る範囲でのシャンプーは「女性の頭皮のかさぶたに良い」と記載されていても、そこまで際立った物は有りません。

 

理由は簡単で、そこまで強力な物は医師等の専門家の許可無く販売する事は禁止されているからです。

ですので、これらに特化していると記載されている「シャンプー」「育毛剤(ヘアケア含む)」は「高い勉強代」になる場合が多く、特に女性の頭皮のかさぶた等の深い悩みに関しては尚更です。

 

変な商品を使用して悪化させてしまい、深刻な「脂漏性皮膚炎」になる場合も有りますので、皮膚科受診をする事が一番です。

 

ストレスや頭皮トラブルによる頭皮のかさぶた

ストレスや食生活等は皮膚へ影響し易く、頭皮や顔は薄く繊細な分確認し易いと思います。

頭皮のかさぶただけでは無く、肌荒れ等が確認出来た場合は、単なる頭皮トラブルだけでは無く、全身の皮膚に異常が有る可能性が高いです。

 

睡眠時間を確保し、夜の10〜深夜2時には出来るだけ重なるようにして下さい。

毎日の食事に関しても、タンパク質やコラーゲンも大切ですし、何よりもバランスの良い食事内容を意識してみて下さい。

 

もし宜しければ、「頭皮が固いと何が危険?女性に多い問題」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

頭皮の痛み「ぴりぴりするのは何故?」頭部神経痛の可能性も!

頭皮が痛み、ぴりぴりとした尖った物で突かれたような痛みを感じてしまう場合、「頭部神経痛」の可能性も有り、酷いようでしたら病院に行く必要が有ります。

この「頭部神経痛」の原因は、ストレスや自律神経等と関係しているとも言われていますし、正直な所、病院によって診断結果や処方して頂ける薬が違う事が多いみたいです。

 

それ位複雑で難しい症状ですので、頭皮の表面が明らかにおかしい場合は、最低でも2つ以上の病院で診察して貰う方がか確実ですね。

 

頭皮のぴりぴりした痛み【頭部神経痛以外】

 

◯ 頭皮の乾燥や炎症から来る痛み

頭皮が乾燥してしまい「つっぱった」状態になってしまうと、頭皮の痛みがかゆみ等から「ぴりぴり」に変化してしまう事が有ります。

この場合は、リンスやコンディショナーと言うよりは、シャンプーの脱脂効果が高すぎや、過度の頭皮ケア等が原因であると考えた方が良いですね。

 

頭皮のピリピリした痛みに多いのが頭皮の「洗いすぎ」で、同時に赤く炎症を起こしてしまう等の皮膚トラブルを起こしてしまう事が多いです。

また、ずっと同じシャンプー等を使用していたとしても、自覚症状が無い状態で加齢やストレス、食生活等が蓄積していき、頭皮環境の変化や抜け毛やかゆみ等として表面に出てきてしまいます。

 

◯ なぜ、頭皮がぴりぴりと痛むのか

 

● 加齢等による新陳代謝の低下

私達は30歳を過ぎた位から身体が老化してしまい、新陳代謝が低下してしまいます。

その事が原因で頭皮への血行不良が起きてしまい、頭皮へ十分な栄養や酸素が供給出来なくなってしまうと言う訳です。

 

頭皮自体が弱ってしまった場合、同じ方法で頭皮ケアしていたとしても、頭皮環境が良くならずにかゆみや炎症が起きてしまい、ぴりぴりとした痛みが出る事が有ります。

夜の22時〜深夜2時の「成長ホルモン」が活発になる時間には眠るようにして、トマトジュース等から「リコピン」を積極的に摂る事も大切ですし、頭皮を軽くマッサージする事も有効的です。

 

頭皮にぴりぴりした痛みが有る位敏感なので少し抵抗が有るかも知れませんが、入浴中に2〜3分程度で十分ですので、可能なようでしたら実践してみて下さい。

ちなみに入浴は30分以上はしっかりとつかるようにしたいですね。

 

● ストレスによる過敏症

比較的真面目で強迫観念が強い人に多く見られる症状だと言われていますが、極度のストレスや慢性的なストレスによって神経が過敏な状態になり、頭皮の痛みや偏頭痛等の自覚症状が現れるようになります。

 

この場合は、頭皮にぴりぴりする痛みを感じるだけでは無く、胃痛や頭痛、めまいやふらつき等を併発してしまっている場合が多いのが特徴です。

整体に通ったり、デスクワークなら運動、対人の仕事でしたら一人になる等のように、真逆の事を実践する事である程度のストレス解消は出来る筈です。

 

頭皮の炎症はハゲになるの?間違った知識は危険です

頭皮が炎症を起こしてしまった場合、「すぐにハゲてしまんじゃ無いか?」と気持ちばかりが焦ってしまうと思います。

私自身も、乾燥肌でアレルギー体質でしたので、頭皮がピンク色になって炎症を起こし、ごっそりとした抜け毛が増えてしまった時は、本当に仕事どころでは無い位に憂鬱だった記憶が有ります。

 

頭皮が炎症を起こす事によってハゲてしまう人の多くは、他の皮膚科に変更してみたり、色々な方法を試していなかったり、三ヶ月〜半年の中距離スパンで継続する事が出来ない等の共通点があります。

 

当たり前の話かも知れませんが、病院の先生は育毛剤やシャンプー等の知識は無く、その症状に詳しく無い限り、一時的に炎症を抑える薬しか処方出来ません。

 

頭皮の炎症でハゲが進行してしまう原因

 

◯ 間違った対処法を行ってしまっている

頭皮が整髪料やシャンプー等に反応して炎症を起こしてしまっているのに、血行を促進する働きの有る対処法をしてしまうと、その強い洗浄力等が原因で、かゆみや炎症が激しくなり、頭皮の炎症がひどくなり、ハゲてしまう可能性が高いです。

 

また、敏感肌にもかかわらず、「AGA(男性型脱毛症)」用のやや強めの商品等を使用してしまった場合、頭皮にアレルギー反応が起きてしまう場合があります。

特に「ホルモンバランス」を変えてしまうようなサプリメントや育毛剤は特に危険で、自立神経が乱れてしまう可能性も有り、専門家の許可が無い限り危険です。

 

今まで花粉症等のアレルギー反応が無かったとしても、それなりに年齢を重ねているにもかかわらず急に発症してしまうのと同じで、ストレスや食生活等の影響で急に皮膚や頭皮が敏感になってしまう事があります。

 

この直接的な原因として多いのが、腸内環境によるものが大きく、腸内で生成される「ヘルパーT細胞」等が過剰生成される事が原因であると言った研究結果もあります。

最近、便秘気味であったり、食生活がやや荒れている人は注意が必要ですね。

 

◯ 整髪料やカラーリング剤、白髪染め等に反応してしまっている

特に自宅で髪の色を変えたり白髪を染めたりする事が有る人は注意が必要です。

頭皮が炎症を起こしてしまう位繊細な肌質なので、出来るだけ「無添加」や「天然」の素材を使用した物を選ぶ必要が有りますね。

 

◯ 何らかの原因で皮脂の分泌に異常がある

皮脂の分泌異常には大きく分けて2種類有ります。

そのどちらも炎症の原因となり、放置してしまうとハゲの原因になります。

 

● 皮脂の分泌が多すぎる

頭皮の皮脂が過剰に分泌されてしまう事によって毛根が塞がり、毛根周辺に雑菌や微生物が繁殖する事によって炎症を引き起こしてしまいます。

原因として多いのは、頭皮の洗い過ぎ等が多く、シャンプーを敏感肌専用に変えたり、頭皮ケアが出来る育毛剤を使用する事で改善する事が可能です。

 

● 皮脂の分泌が少な過ぎる

比較的乾燥肌傾向の頭皮に多いのですが、頭皮自体に潤いが少なく、フケや痒み等が生じてしまう事が多いです。

皮脂の分泌が多すぎる場合と同じように、シャンプーや洗い過ぎ等が原因として多いですが、偏った食生活や加齢等も大きく関係して来ます。

 

もちろん、ある程度は育毛剤でケア出来ますが、頭皮に潤いを与える「セラミド」(小麦製品に多い)「コラーゲン」(鶏や豚肉等に含まれている)等を意識して摂る事も大切です。

 

頭皮に赤い斑点が出来る原因と対処法【本当に病気のサイン?】

頭皮に赤い斑点が出来た場合、「紅斑(こうはん)」の可能性が高いです。

「紅斑(こうはん)」とは文字通り頭皮に赤い斑点のような物が出来る事を言い、敏感肌やアレルギー体質、アトピー性皮膚炎の方に多い症状です。

 

もしも、自宅で強めの脱色剤(ブリーチ)や白髪染めまたはヘアカラーを使用されていたり、特に夏場等の「汗」で「液」等が流れ易い時期に多く、美容室でパーマや、ヘアカラー等を使用されている場合にも赤い斑点が出来る場合があります。

 

この場合は「原因」がはっきりと分かるので弱酸性の優しいシャンプーや、敏感肌専用の育毛剤等でしっかりと頭皮ケアし、肌に良い食事(ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、タンパク質)等を意識して摂る事で、ある程度の時間が必要ですが治ります。

 

頭皮に赤い斑点が出来る原因 【特に心当たりが無い場合】

 

● 頭皮の鬱血(うっけつ)

頭皮に赤い斑点が出来る原因として多いのが、血行促進等による「鬱血」です。

頭皮を優しく揉んでみて、頭皮が固くてあまり動かないようでしたら、血行不良の可能性が高いです。

 

入浴中にでも頭皮マッサージをしてみると効果的ですし、入浴中に少し水気を含んで蒸らせる状態のタオル等で頭皮を包んであげるのも効果的ですね。

毎日5分程度で良いので、ネコや子犬撫でるようなイメージで、入浴中にマッサージしてみると効果的です。

 

● 鬱血以外の原因

上記のような事に心当たりが無い場合、無意識の内に使用している物や、ストレス等が原因で頭皮が敏感な状態になり、炎症を起こしていると考えられます。

頭皮の中でも特に生え際や頭頂部、分け目等のホルモンバランスの乱れの影響を受けやすい場所に出来てしまっている場合、出来るだけ早くその原因を取り除き、適切な対処をする必要があります。

炎症部分が広がる場合や、酷くなる場合が有るからです。

 

● シャンプー

特に最近は男女共に洗浄力の高いシャンプーが主流で、「敏感肌用」「弱酸性用」と記載されていたとしても、洗浄力が強い物が多いので、「無添加」でお子様でも使用出来るタイプのシャンプー等を選ぶと良いと思います。

 

また、ヘアワックス等のスタイリング剤も頭皮に赤い斑点が出来ている場合は、使用を中止して下さい。もちろん、カラーリングやパーマも治るまでは駄目です。

 

● 洗髪

真面目な人程、この傾向が強いみたいなのですが、洗する際に頭皮を指の腹で揉み過ぎてしまっていたり、爪を立ててしまっている場合、炎症を起こしてしまい、頭皮に赤い斑点が出来る事が有ります。

 

● 注意点

頭皮に赤い斑点が出来てしまった場合、頭皮を洗浄せずに湯洗いだけの方が居ます。

ですが、古くなった皮膚や酸化した油脂や角質等が原因で、雑菌や微生物が増殖してしまう場合が多いので危険です。