産後抜け毛で前髪が明らかに薄くなる場合

一般的に「産後抜け毛」は、出産後〜3ヶ月目位に置きてしまう脱毛症の一種で、抜け毛が増えたり髪が細くなる事によって前髪や分け目が薄くなって目立つ等の髪トラブルが起きてしまう事です。

2人に1人近くの高い割合で経験してしまう事が有り、完母にしたい方の方が経験し易いと言われています。

 

詳しくは後述しますが、結論から言ってしまうと、殆どの方は産後抜け毛は仕方の無い事ですので、髪型を工夫して乗り越えるのが一番だと言われていて、生活習慣等を改善するだけで十分な場合が殆どです。

この時に妙なサプリメントやヘアケア商品を購入してしまいますが、殆どの場合は時間と共に治まりますので、殆ど意味の無い高い勉強代になってしまいます。

 

出産後は色々とお金が必要となりますし、生活環境の改善は母体や母乳にも良いです。

ですが、もし、出産後半年以上経過していても大量の抜け毛が収まらず、前髪辺りに明らかな変化が起きてしまった場合は注意が必要です。

 

何故、産後抜け毛は起きてしまう?

簡単に言うと、出産後にホルモンバランスが崩れてしまい、急激に発毛を促進するホルモンが減少してしまうからです。

元々女性には「エストロゲン」と「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンが有り、それぞれ、「卵胞ホルモン」「黄体ホルモン」とも呼ばれています。

 

通常であればこの2種類のホルモンは、正常なバランスの筈ですが、妊娠中や産後、急激なストレスや更年期障害等等で簡単に崩れてしまいます。

妊娠中は「プロゲステロン」と呼ばれる「黄体ホルモン」が増加し、髪の毛は増えますが、出産後は「プロゲステロン」の量が一気に減り、「プロゲステロン」によって増えていた髪の毛が抜け落ちて生え際が気になるように感じると言う事です。

 

ただ、それだけでは増えていた髪の毛が抜けるだけですので、生え際のボリュームが減るように感じない筈なのですが、出産後のホルモンバランスが大きく崩れてしまう事が原因で、本格的な脱毛が始まってしまう事も有ります。

この場合は、通常であれば出産後数ヶ月で治まる筈の抜け毛の増加が、半年〜1年を経過しても治まらず、生え際だけでは無く、全体的にボリュームが無くなり、まばらに頭皮が見え、「びまん性脱毛症」を発症していると考えられます。

 

「びまん性脱毛症」は、ストレスや食事等の生活環境が大きく関係していますので、蓄積したストレスを解消し、食事等で内側から改善していかない限り、薄毛を改善する事は出来ません。

もし宜しければ、「つむじが薄い女性は何故増える?意外と誰でも起きる可能性」の記事も参考にしてみて下さい。

 

ドライヤー時の抜け毛は本数までなら安心?

ドライヤー中や後に、以前よりも抜け毛が多く出てしまう場合が有り、「何らかの危険信号なのでは無いのか?」と不安になってしまう事が有ると思います。

また、原因によっては、「ドライヤーを使用せずに乾かした方が、抜け毛の本数が減らせるのでは無いか?」とも考えてしまうと思います。

 

ドライヤーと抜け毛は関係するのか

常識の範囲内でドライヤーを使用されているのでしたら、抜け毛の本数が増加してしまう事は有りません。

ですが、頭皮にドライヤーの熱が当たり続けてしまったり、髪の毛が熱くなり過ぎてしまっている程使用されている方は、根本からの抜け毛では無く、髪の毛の途中から切れてしまう「キレ毛」の本数が増加してしまう可能性も出て来てしまいます。

 

ドライヤーでは無く、自然乾燥派はアリ?

ベリーショートと言われる位短いヘアスタイルであれば問題は無いのかも知れませんが、ショート以上のヘアスタイルであれば、自然乾燥は「キレ毛」等の原因になってしまう可能性が高いです。

理由は、髪の毛同士がくっつき合い、表面は傷付いてしまうからです。

 

髪の表面の艶が悪くなのはもちろん、せっかくのヘアケアも意味が無くなってしまいます。

ドライヤー中の熱が高過ぎるのでは無いのかと不安な方は、ある程度温度(強さ)調節が出来る物に買い換えるのも一つの方法と言えます。

 

そもそも、どれ位の抜け毛の本数なら普通?

髪の長い短いに関わらず、毛髪は1日に100本以上は簡単に抜けてしまいます。

それに、長い髪の毛は短い髪の毛よりもどうしても目立ってしまいますので、短い抜け毛よりも目立ってしまいます。

 

ドライヤー中や後に数十本単位で抜けてしまったとしても「普通」です。

それが起床時に気が付いた枕元に落ちている抜け毛だとしても、シャンプー中だとしても、そこまで気にする事では有りません。

 

実際に注意するべき抜け毛の本数は?

先ほど、抜け毛の本数が1日に100本以上であれば「普通」ですので問題無いと説明させて頂きました。

「なら、何本抜けるのは危険なの?」と疑問に持たれると思いますが、200本位までなら問題は有りません。

 

ですが、抜け毛の本数が今まで、1日当たり100〜150本位抜けていたにも関わらず、最近急にドライヤー中に一気に100本近く抜けてしまうのであれば、抜け毛の原因を考えた方が良いと思います。

 

そして、抜け毛の本数が、1日当たり200本以上が数週間も続くようでしたら、「季節の変わり目」「新陳代謝の低下」「急激なストレス」等を疑い、当てはまらないようでしたら、何かしらの行動に移した方が良いと思います。

 

もし宜しければ、「つむじが薄い女性は何故増える?意外と誰でも起きる可能性」の記事も参考にしてみて下さい。