ノネナール対策には何が有効?注意点

ノネナールは、俗に言う「女性の加齢臭」の原因とされていますが、男性独特の「加齢臭」とは違い、「不飽和アルデヒド」に属します。

汗や皮脂等が酸化した物ですが、結局の所、加齢臭との直接的な関連性については研究途中とも言われており、臭いを嗅いだ時に「油臭さ」「青臭さ」「古本」「古いローソク」「ビール」「そば」「脂身」「胡瓜」のような感じがするとも言われています。

女性のノネナールが悪化する原因

特に対策等実施していないのであれば、35歳を超えた位からノネナールの臭いが気になるようになる事が多いと言われていて、生活習慣や体質によって臭いの強さは大きく変わります。

ノネナール対策と言っても何か難しい対策を行う訳では無く、毎日汗がしっかりと流れ出るまで入浴し、入浴後はしっかりと汗を拭き取り、ドライヤーでしっかりと乾燥させる事です。

 

汗や皮脂等が酸化する事によってノネナールの臭いは悪化してしまいますので、毎日しっかりと汗を出す事によって頭皮や毛根周辺の新陳代謝を向上させ、毛穴周辺の皮脂詰まりや汚れ、古くなった頭皮等を落とし易くする事が出来ます。

頭皮の乾燥については、俗に言う「生乾き」状態を避ける事が大切でノネナールだけでは無く、雑菌の繁殖が原因の深いな臭いを防ぐ事も出来ます。

 

これらを意識する事からノネナール対策を初めてみて、様子を見ながらシャンプー等を変更したりする方が良い場合が多く、間違っても洗浄力が強いシャンプーに変更したり、毎日の洗髪回数を増やすような事はしない方が賢明です。

洗浄力が強すぎるシャンプーを使用すると頭皮は「脱脂状態」になり、より多くの皮脂を分泌して逆効果になる場合が多く、洗髪回数を増やしてしまう事も危険な場合が有ります。

 

食事環境を少し意識する事でも対策が可能で、揚げ物やお菓子、調理してからある程度時間の経過して酸化の進んだ食品等を減らす事も有効的です。

また、普段から細胞の酸化を防ぐ事が出来る「大豆」「南瓜」「人参」「キャベツ」「大蒜」「生姜」「バナナ」等を毎日の食事に取り入れる事もノネナール対策には有効です。

 

また、ノネナールは加齢や食事環境だけでは無く、ストレスやアルコール、喫煙や運動、紫外線によっても悪化する事が有ります。

運動については、軽く汗をかく位の運動であれば問題は無く、息切れや急激な脈拍の上昇等が起きてしまう位の運動は身体への負担も大きく、臭いの原因となる場合も有ります。

 

もし宜しければ、「頭皮のべたつきで悩む女性が増えている理由」の記事も参考にしてみて下さい。

 

産後抜け毛で前髪が明らかに薄くなる場合

一般的に「産後抜け毛」は、出産後〜3ヶ月目位に置きてしまう脱毛症の一種で、抜け毛が増えたり髪が細くなる事によって前髪や分け目が薄くなって目立つ等の髪トラブルが起きてしまう事です。

2人に1人近くの高い割合で経験してしまう事が有り、完母にしたい方の方が経験し易いと言われています。

 

詳しくは後述しますが、結論から言ってしまうと、殆どの方は産後抜け毛は仕方の無い事ですので、髪型を工夫して乗り越えるのが一番だと言われていて、生活習慣等を改善するだけで十分な場合が殆どです。

この時に妙なサプリメントやヘアケア商品を購入してしまいますが、殆どの場合は時間と共に治まりますので、殆ど意味の無い高い勉強代になってしまいます。

 

出産後は色々とお金が必要となりますし、生活環境の改善は母体や母乳にも良いです。

ですが、もし、出産後半年以上経過していても大量の抜け毛が収まらず、前髪辺りに明らかな変化が起きてしまった場合は注意が必要です。

 

何故、産後抜け毛は起きてしまう?

簡単に言うと、出産後にホルモンバランスが崩れてしまい、急激に発毛を促進するホルモンが減少してしまうからです。

元々女性には「エストロゲン」と「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンが有り、それぞれ、「卵胞ホルモン」「黄体ホルモン」とも呼ばれています。

 

通常であればこの2種類のホルモンは、正常なバランスの筈ですが、妊娠中や産後、急激なストレスや更年期障害等等で簡単に崩れてしまいます。

妊娠中は「プロゲステロン」と呼ばれる「黄体ホルモン」が増加し、髪の毛は増えますが、出産後は「プロゲステロン」の量が一気に減り、「プロゲステロン」によって増えていた髪の毛が抜け落ちて生え際が気になるように感じると言う事です。

 

ただ、それだけでは増えていた髪の毛が抜けるだけですので、生え際のボリュームが減るように感じない筈なのですが、出産後のホルモンバランスが大きく崩れてしまう事が原因で、本格的な脱毛が始まってしまう事も有ります。

この場合は、通常であれば出産後数ヶ月で治まる筈の抜け毛の増加が、半年〜1年を経過しても治まらず、生え際だけでは無く、全体的にボリュームが無くなり、まばらに頭皮が見え、「びまん性脱毛症」を発症していると考えられます。

 

「びまん性脱毛症」は、ストレスや食事等の生活環境が大きく関係していますので、蓄積したストレスを解消し、食事等で内側から改善していかない限り、薄毛を改善する事は出来ません。

もし宜しければ、「つむじが薄い女性は何故増える?意外と誰でも起きる可能性」の記事も参考にしてみて下さい。