オイリーヘアはシャンプーを変えるのが一番?

以前はオイリーヘアと言うと男性が多かったのですが、最近では女性も増加傾向に有ります。

とりあえず洗浄力の強いシャンプーを選んで対処すると言う方が多いのですが、逆効果になってしまう場合が殆どですので、原因をしっかりと把握して対処する事が体質改善の近道になります。

 

何故、オイリーヘアになる?

頭皮の皮脂が増えてしまう原因は、生活環境の変化、ホルモンバランスの崩れ、間違ったシャンプー選びが大半です。

生活環境の変化に関しては、油や脂等の多い食事、ストレス等も原因になります。

 

食事に関しては、何年も前から同じような食生活であったとしても、加齢による基礎代謝能力の低下等で、処理出来なくなってしまったと言う事も考えられます。

また、何らかの食品を摂取した事によるアレルギー反応が原因でもオイリーヘアになってしまう場合も有ります。

 

ホルモンバランスの崩れに関しては、顔のテカリやニキビ等の変化、精神的な不調、ストレス等によって引き起こされてしまいますので、オイリーヘア以外にも何かしらの変化が有りますので、判断材料になると思います。

 

内的要因にシャンプーは逆効果です

生活環境やストレス等は身体の内側が原因でオイリーヘアを引き起こしていますので、洗浄力が強いシャンプーに変更しても皮脂分泌量が減る事は有りません。

それよりも、洗浄力の強いシャンプーによって以前よりも皮脂量が増える危険性が出て来てしまいます。

 

辛いと思いますが、内的な要因を改善しない限り、良くなる事は有りません。

これは、シャンプーが原因でのオイリーヘアに関しても言える事で、自分の頭皮環境に合っていないシャンプーを使用してしまった人は高い確率で何らかの頭皮トラブルが起きてしまいます。

 

皮脂は頭皮を乾燥や雑菌、カビ等から守る働きが有り、洗浄力の強いシャンプーで皮脂を過剰に落としてしまうと、負けないように徐々に皮脂分泌量を増やしてしまいます。

皮脂は残り過ぎても落とし過ぎても駄目ですので、心当たりが有る場合は、石鹸シャンプー等に変えてみるのも有効的です。

 

頭皮の健康状態も関係してしまいます

分け目等から頭皮を見た場合、透明感が有り、少し白っぽく見える状態が理想です。

指の腹で軽くマッサージした時に程よい弾力が有る事も大切で、少し固く感じてしまったり、健康的な色では無い場合は、入浴中等に軽くマッサージをすると効果的です。

 

マッサージをする時に関しては、人の皮脂に近いオレイン酸を含んだツバキ油やアルガンオイル等が良いです。

もし宜しければ、「ツバキ油で頭皮クレンジングすると?」の記事も参考にしてみて下さい。

 

ツバキ油で頭皮クレンジングすると?

ツバキ油は頭皮のケアやクレンジングだけでは無く、酸化して黒く変色してしまった毛穴の汚れを落としやすくしたり、頭皮のコンディションを向上させ、かゆみやフケ等のトラブルを防ぐ効果が期待出来ます。

また、頭皮だけでは無く、髪質を向上させる事も出来、艶やコシを取り戻しつつ、切れ毛や枝毛を防止する事も出来ます。

 

白髪予防も出来ますので、年齢を問わず注目されています。

特に皮脂分泌量が低下してしまう季節や、年齢によって肌コンディションの低下を感じた時期に人気です。

 

頭皮クレンジングに注目されている理由

ツバキ油には余分な成分が含まれていませんので、頭皮本来のコンディションを向上させる働きが有ります。

特に最近は頭皮の仕上がり等を優先し過ぎてしまう商品が多い傾向が有り、頭皮自体のトータルコンディションが下がってしまいがちです。

 

もう少し簡単に説明すると、ある特定の成分が含まれているサプリメントを毎日のように摂取してしまうと、身体はその特定の成分を身体で生成する機能を低下させてしまいます。

それと同じ事は頭皮でも起きてしまいます。

 

ツバキ油は私達の皮脂とほぼ同じ成分の「オレイン酸」と、頭皮に必要だと言われている「」が含まれていますので、頭皮クレンジングと同時に上質な頭皮ケアが実施出来るのが最大の魅力だと言えます。

毛穴に詰まった皮脂と交じり合って落としやすくする事が可能ですので、シャンプー等では落としきれない頭皮や毛穴の奥に詰まった老廃物を落とし、コンディションを上げる事が可能です。

 

特に頭皮が乾燥や敏感肌で悩まれている方は、洗浄力の強いシャンプーは使用出来ませんので、頭皮や毛穴の汚れが落とし切れずに清潔では無い場合が多いです。

ツバキ油でしたら、皮脂と同じ油分で混ぜながら落とし易くしますので、乾燥や敏感肌で悩まれている方でもしっかりと頭皮クレンジングが出来るのが魅力です。

 

頭皮クレンジングだけでは勿体無い

ツバキ油には肌に適切な栄養を与えるだけでは無く、高いアンチエイジング効果も期待出来、シミやそばかす等を薄くする効果も期待出来ます。

それに、紫外線自体の吸収を抑える働きも期待出来ます。

 

他のスキンケア商品と比べて伸びが良く手触りも良いので、塗り過ぎを防ぐ事が出来ます。

塗り過ぎてしまうと、皮脂過多に近い状態になりますので、ニキビ等の肌トラブルだけでは無く、毛根の詰まりや雑菌、微生物を増殖させてしまいがちです。

 

もし宜しければ、「ツバキ油の髪への効果は?歴史が違います」の記事も参考にしてみて下さい。

 

癜風菌は頭皮に誰でも出来る可能性が有ります

癜風菌(でんぷうきん)と言う真菌が頭皮で異常増殖してしまう現象で、マラセチア・ファーファーと呼ばれる事も有り、黒ナマズと呼ばれる場合も有ります。

普段は、頭皮だけでは無く私達の身体に当たり前のように存在している常在細菌の一種です。

 

痒みが伴う事は殆ど無く、誰かに指摘されるまで気付かなかったと言う方も多く、茶色い場合はシミ等と間違えられてしまう場合も有ります。

茶色の場合が多いですが、黒色や白色の場合も有り、「黒色癜風」「白色癜風」と呼ばれています。

 

癜風菌が増殖してしまう理由

常在細菌ですので、普段は私達を雑菌等から守ってくれています。

ですが、体調不良が続いてしまったり、生活習慣やストレス等で肌コンディションが低下してしまうと誰でも癜風菌が増殖してしまう可能性は有ります。

 

常在細菌ですので、増殖してしまう原因は専門家でも把握しきれていないのが現状です。

湿度や気温、汗や皮脂との関連性が高いと言われています。

 

病気中や療養中の方、お子様やご高齢者様、ダイエット中の方は頭皮に発症し易いです。

また、癜風菌は温暖化や高温多湿化にも大きく関係していると言われていて、日本以外では高温多湿地域に多発している特徴が有ります。

 

頭皮以外にはどこに現れる?

湿度と温度が高い事が関係していますので、頭皮以外には脇の下や衣類で覆われている胸や背中等にも癜風菌は増殖してしまいます。

意外と勘違いされている方も居られるのですが、癜風菌は水虫に代表される白癬菌とは異なり、人に感染する事はほぼ無いと理解して頂いて大丈夫です。

 

ですので、入浴しても大丈夫です。

この時に洗浄力が強いボディーソープ等を利用するのは考えもので、癜風菌以外の常在細菌も減らしてしまう可能性が有ります。

 

頭皮に癜風菌が現れた場合は?

洗い過ぎはフケや痒みや悪化に繋がりますので、出来るだけ早く皮膚科を受診した方が良いです。

よく、インターネットや自称頭皮に詳しい人(?)はシャンプーや生活環境を改善すると癜風菌が治ると言う方も多いのですが、あまり賢い選択だとは言えません。

 

処方される薬にもよりますが、数日で変化が有る場合も有り、数週間で治まる場合が殆どだと言われています。

 

色素沈着に関しては、年齢が高くなる程新陳代謝が低下してしまいますので、跡が残り易いと言われています。

 

もし宜しければ、「女性の薄毛【頭皮が赤いのは病気?】」の記事も参考にして下さい。