アルガンオイルを髪の毛に使うと何が違う?

アルガンオイルは「アルガン」と呼ばれるモロッコの木から抽出したオイルで、「オレイン酸」「リノール酸」「ステロール」「ガンマ−トコフェロール」が豊富に含まれている事が特徴の一つです。

原産地では「生命の実」として大昔から親しまれて来ています。

 

現在の日本でも髪の毛のケアだけでは無く、スキンケアやアンチエイジング目的で使用されている方も増えています。

また、肌を若々しく保つ為に必要不可欠だと言われている「ビタミンE」「カロテン」、頭皮や肌に柔軟性を出す役割を持つ「サポニン」も含まれています。

 

純度の高いアルガンオイルのみを使用されている方は、髪の毛だけでは無く、様々な用途に利用してみると、重宝して頂ける筈です。

 

アルガンオイルを髪の毛に使用する場合は?

基本的に顔等の繊細な部分や肌コンディションの低下が気になる場所と同じです。

毎日の入浴後に髪の毛の痛み等が気になる場所を中心としてアルガンオイルを染み渡らせるイメージで使用してみて下さい。

 

もし、色々な面で余裕が有る方は、お風呂に小さじ一杯程度のアルガンオイルを加えてあげるだけで、髪の毛や肌全体に使用する事も可能です。

ストレス等が原因で髪の毛や頭皮自体にダメージが有る場合は、温かいタオル等で頭皮を温め、ある程度頭皮を柔らかくしてからアルガンオイルを少しだけ使用し、頭皮マッサージを行ってから入浴するのも効果的です。

 

同時に頭皮に使用するのも良く、30分〜1時間位十分に浸透させる時間を確保出来ているのであれば、髪の毛や頭皮に浸透させる事が出来ている筈ですので、そこまで勿体無い事は無いと思います。

 

オレイン酸の髪の毛への働きかけ

「不飽和脂肪酸」の一種で、保湿性が高い事が特徴です。

人間の皮脂に含まれている成分ですので、髪の毛だけでは無く、頭皮の保湿やケアにも効果的です。

 

アルガンオイルのステロールについて

健康的な髪の毛を生み出す為に必要不可欠な頭皮に潤いやハリ、柔軟性を与えてくれます。

特に細胞同士の結合部分に存在する脂質に似たような働きも期待出来ますので、頭皮環境作りには必要不可欠とも言えます。

 

髪の毛とトコフェロールの関係

アルガンオイルに含まれているトコフェロールは、健康的な髪の毛を生み出す為に必要な栄養を毛根に十分な量を供給させる働きが期待出来ます。

髪の毛が抜ける量を減らしたり、コシやハリを取り戻す働きも期待出来ます。

 

老化や様々な不調の原因となる「活性酸素」を抑える働きが有り、頭皮の血行を促進する働きも期待出来ます。

もし宜しければ、「アルガンオイルは頭皮ニキビに逆効果?」の記事も参考にして下さい。

 

ホホバオイルが頭皮ケアに最適な秘密

ホホバオイルは私達の皮脂等に含まれている「ワックスエステル」と呼ばれる非常に保湿性の高い成分が含まれています。

また、頭皮や肌への刺激が殆ど無く、特に敏感肌傾向に有る方に注目されています。

 

アンチエイジング効果も高く、炎症や乾燥時に必要だと言われているアミノ酸も複数含まれていますので、医療分野にも注目されていている位です。

 

頭皮ケアに最適だと言われている理由

ホホバオイルは他の頭皮ケア系のオイルにありがちなベタツキが殆ど有りません。

サラッとしていて扱い易く、浸透する力が強い事も魅力です。

 

頭皮だけでは無く、髪の保湿や栄養補給にも最適で、他のヘアケア成分とは異なり、肌に髪が触れたとしてもニキビや吹き出物が出来にくい事も嬉しいです。

皮脂に近いので頭皮の毛根付近に溜まりやすい「固くなった皮脂」を落とし易い状態にする事も可能です。

 

それに、普段から適量のホホバオイルで頭皮ケアを行う事によって、しっかりと潤った状態を維持する事が出来ますので、頭皮の過剰な皮脂分泌を防ぐ事も可能です。

主に皮脂の分泌異常によって引き起こされる「ニキビ」「吹き出物」等で悩まれている場合にも有効的だと言えます。

 

一般的に販売されている頭皮ケア商品は、頭皮が炎症してひび割れてしまっている時や、「ニキビ」「吹き出物」が出来てしまっている時には使用出来ない時が多いのですが、ホホバオイルでしたら使用出来るのも嬉しいです。

 

肌のターンオーバーを促進する働きも期待出来ますので、定期的にホホバオイルで頭皮ケアをする事によって、強い頭皮作りをする事も可能です。

 

また、ホホバオイルには非常に高い殺菌効果とバリア機能が有りますので、菌や雑菌が異常繁殖してしまった場合に起こる頭皮の臭いを抑えたり、予防する事も可能です。

バリア機能には紫外線を防ぐ働きも期待出来ますので、通勤や仕事中でなかなか帽子や日傘等が使用出来ない場合にも有効です。

 

頭皮ケアに適したホホバオイルについて

ホホバオイルは琥珀色の物から無色透明の物も有り、価格も数百円位の物から数万円位する物まで存在します。

色に関しては精製度で、精製していないのが「琥珀色」です。

 

価格に関しては完全オーガニックなのかどうかと産地の違い等です。

ホホバオイルは「耐熱性」が高く、「酸化」「劣化」しにくいのが特徴ですので、天然成分のみで製造されている物であれば特に問題は無いと思います。

 

比較的安価な物でも十分な効果を得る事が出来る場合が殆どですので、自分の頭皮ケアに合っていると思ったらランクアップしてみるのも良いと思います。

もし宜しければ、「ツバキ油の髪への効果は?歴史が違います」の記事も参考にしてみて下さい。

 

ツバキ油の髪への効果は?歴史が違います

髪に潤いや艶を補充する効果が有るとして、ツバキ油は昔から多くの方に支持されていますね。

もちろん商品によっては他に何が配合されているのか把握出来ませんので飲まないで頂きたいですが、食用として利用されている位ですので、身体への安全性も非常に高い事も嬉しいですね。

 

ツバキ油に使用されるのは、主に「ヤブツバキ」「サザンカ」の日本のツバキが多く、「チャノキ」「ユチャ」「ベッコウベニバナユチャ」は中国のツバキです。

商品によっては大差が無い場合も有りますが、「ヤブツバキ」「サザンカ」とその他の品種では、「リノール酸」「オレイン酸」の含有率に明確な違いが有ります。

 

どのツバキ油の方が効果が期待出来る?

「ヤブツバキ」「サザンカ」は「リノール酸」「オレイン酸」の含有量がその他の品種より多いです。

特に「オレイン酸」は頭皮や皮膚から分泌されている皮脂の主成分です。

 

頭皮が乾燥肌傾向にある方は、どうしても皮脂の分泌量が不足してしまいがちです。

頭皮の潤いは肌を乾燥させるだけと言った単純な理由では無く、頭皮や毛根を細菌や雑菌、微生物やウィルス等のあらゆる外敵から守る効果も有ります。

 

「ヤブツバキ」「サザンカ」を使用したツバキ油でしたら、髪の保湿と同時に頭皮の乾燥を防ぐ効果も期待出来ます。

また、酸化や変質等を起こしにくいと言う性質も有りますので、防腐剤等を使用して科学的に作られた保湿剤等とは比較にならない位頭皮や髪に対して負担が少なく、何よりも安全です。

 

食用に関しては、「ツバキ油」では無く、「カメリア種子油」と記載されている事が殆どです。

 

ツバキ油の髪への効果は?

髪に艶や潤いを与える事が出来るとして「江戸時代」から利用されています。

最近再び注目される事も増え、髪や頭皮だけでは無く、スキンケア商品も非常に増えて来ました。

 

健康的な頭皮や髪には必要不可欠だと言われている栄養成分が含まれているだけでは無く、頭皮のキメやハリを取り戻し、痒みやフケの予防や改善、そして、紫外線から頭皮や髪を守る効果も期待出来ます。

髪に関しては、抜け毛や枝毛、切れ毛等の予防効果も期待出来ます。

 

最近は大量生産とコスト削減の為に、細かく全成分を調べてみると、お世辞にも頭皮や髪に良いとは言えない成分が配合されている事も多々有ります。

また、「本当の意味で身体に良い物は値段が高い」と言った誤解をされている方も居られますが、ツバキ油は非常にコストパフォマンスに優れている事も特徴の一つだと言えます。

 

もし宜しければ、「頭皮の乾燥にベビーオイルを使用する前に」の記事も参考にして下さい。

 

頭皮の乾燥にベビーオイルを使用する前に

頭皮が乾燥した時に「育毛剤」や「ヘアケア剤」等を使用される方が一般的ですが、原因と症状によっては「ベビーオイル」だけでケア出来る場合も有ります。

ベビーオイルにも100円均一の物から、3000円以上する高級品まで様々です。

 

もちろん、「頭皮の乾燥プラスアルファ」で悩まれているのであれば、育毛剤やヘアケア剤等の「専用」に軍配が上がりますが、頭皮の乾燥しか悩みが無いのであれば、ベビーオイルでも十分にケアする事も可能だと思います。

 

ベビーオイルが乾燥に良い理由

赤ちゃんの肌は非常にデリケートで乾燥し易いです。

繊細でトラブルを起こしてしまいがちな頭皮環境にも似ているとも言えます。

 

ベビーオイルが頭皮トラブルで悩む方に支持されている理由の一つに、実は頭皮の乾燥の他に、髪の毛に使用する事も可能な点も有ります。

また、正直な所、価格は関係無いのですが、念のために成分は確認してから購入したい所です。

 

基本的にベビーオイルは「赤ちゃん専用」に作られていますので、天然由来成分で低刺激、無香料、無着色に作られています。

ですが、全ての商品を把握している訳では有りませんので、断言は出来ません。

 

購入時は全成分を確認してから購入する方が無難です。

 

ベビーオイルが適していない頭皮

自分では頭皮が乾燥していると感じていたとしても、皮脂量等が十分に頭皮に供給出来ている場合は、逆効果になってしまう場合が多いです。

ベビーオイルは文字通り、「油分」ですので、フケやカサブタが湿ったような感じがする方や、その方の頭皮環境に対して適切な皮脂量の場合、ベタツキ等を引き起こしてしまいがちな方は逆効果です。

 

頭皮に対しては特に意味も有りませんし、髪の毛がベタッとしたような印象になり、不衛生な印象を与えてしまう可能性も出て来てしまいます。

 

ベビーオイルなら何でも良いと言う訳では有りません

ベビーオイルは基本的に天然成分のみが配合されていますが、頭皮の乾燥を改善したい場合は出来る限り頭皮に優しい物を選びたいです。

コレが一番と言うのは頭皮環境によって異なってしまうので申し訳い無いのですが、「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」「イソステアリン酸コレステリル」「エチルヘキサン酸セチル」のように科学的に合成された物よりは、天然由来成分と「トコフェロール(ビタミンE)」等で構成されたベビーオイルが良いです。

 

また、特に強いこだわりが無ければ、「馬油」や「ツバキ油」も頭皮の乾燥に対して効果的です。

もし宜しければ、「頭皮が固いと何が危険?女性に多い問題」の記事も参考にしてみて下さい。