黄金樹は男性ホルモンの働きも抑える?

薄毛や抜け毛など髪のトラブルを抱える方も多いのではないでしょうか。

AGAは成人男性によくみられる頭髪が薄くなる状態のことを指しますが、近年では20代前半から抜け毛や薄毛の症状が現れるといったケースが増加しています。

薄毛の原因には男性ホルモンが大きく関係しています。

 

男性ホルモンであるテストステロン。

このテストステロンが悪玉酵素である5αリダクターゼと結合するとジヒドロテストステロンと呼ばれる脱毛因子へと変換されてしまいます。

ジヒドロテストステロンは皮脂を過剰に分泌し、毛穴を塞いでしまうため髪の毛の発毛・育毛を妨げてしまうといった作用があります。

 

男性ホルモンの影響で受けた毛根の細胞は活動が鈍り、従来の太い髪を取り戻しにくいとされています。

抜け毛などの脱毛症状が目立ってきたら早急に対処を行うようにしましょう。

 

日本かんきつ研究所が販売する育毛剤「黄金樹」

黄金樹は柑橘系育毛剤として人気の高い黄金宮シリーズのプレミアム版です。

この黄金樹は頭皮にうるおいを与えて、やさしく保護する柑橘類エキスのほか、ジヒドロテストステロンの働きを抑える「リモネン」が含まれています。

 

リモネンは柑橘類の皮に多く含まれ、ジヒドロテストステロンの働きを84%も抑制する作用があるとされる成分。

加えて、黄金樹には毛乳頭の細胞を増殖し、促進させるペプチドも含まれています。

 

男性ホルモンは過剰なストレスや高負荷の運動は避け、栄養バランスのとれた食事、規則正しい生活を心がけるようにすることで分泌量を下げることができます。

脱毛症状の改善には男性ホルモンの分泌量を下げることがポイントとなりますが、健やかな髪を育むため頭皮環境を整えることも大切です。

 

黄金樹は頭皮のトラブル、髪のトラブル改善に有効な育毛剤です。

ベタつきもなく、さわやかな柑橘エキスの香りなので男性、女性ともに気軽にご使用いただけます。

使用方法は1日に2回、頭皮にスプレーするだけ。

天然成分系の肌に負担が少ない育毛剤をお探しの方はぜひお試しください。