マイナスイオンドライヤー 仕組み

<スポンサーリンク>

マイナスイオンドライヤーを最初から使用している方にとっては、当たり前のように使用されていると思います。

最近では「マイナスイオン」の他にも「ナノケア」「温冷リズム」「スカルプ」等、様々な機能が付いたドライヤーが普及して来ており、旅行先にも「マイドライヤー」を持って行くと言う方も多いです。

 

マイナスイオンドライヤーの仕組み

マイナスイオンドライヤーは、100度近い高温のホットドライヤーとは違い、比較的低めの60度前後の温度帯で髪を乾かします。

これは、最近の研究で分かった事ですが、「髪」を綺麗な状態で乾かす為には、一昔前の主流であったホットドライヤーでは温度が高過ぎてしまい、毎日のように使えば使う程、髪は劣化していくと言う悪循環に陥ってしまいます。

 

最近では、「マイナスイオンドライヤー」では無く、「低温ドライヤー」と呼ぶ場合も有りますが、同じような効果が得られると思います。

あとは、購入を検討もしくは、現在使用されているマイナスイオンドライヤーを使用する事によって、本当はどのような効果が得られるのかどうか?について購入前に様々な通販サイト内の口コミ等を参考にしてみると良いと思います。

 

私自身、現在使用しているのは、「マイナスイオンドライヤー」で、ホットドライヤーとは仕上がりに明確な違いや効果が期待出来る事は実感しています。

ですので、「自分が信頼出来るマイナスイオンドライヤー」を使用するのが一番効果的だとは思います。

 

マイナスイオンドライヤーの事実

最近のエアコンや空気清浄機等の謳い文句としてよく目にすると思いますが、「マイナスイオン」と言う言葉自体は、科学的な根拠の無い「造語」です。

「陰イオン」と混同されてしまいがちですが、全く違う物で、それが狙いの内とも言われている位です。

 

「マイナスイオン」が一体何なのかが明確に解答出来る科学者は、「もぐり」か「どこかからお金を貰っている場合」以外では存在しないとさえ言われています。

そもそも、存在しない「造語」の範囲ですし、大手家電メーカー数社がこぞって「マイナスイオン・マイナスイオン」と後先の事を考えずに「目先のお金」の為にこぞって言ってしまいましたので、「仁非科学商法」がまかり通る国として、世界中の笑い者になった時期も有りました。

 

ここで難しいのは、「マイナスイオンドライヤー」や空気清浄器等の開発や研究は日々進歩しており、科学的にも説明出来るマイナスイオンドライヤーの発売も理屈的には可能とも言われています。

もし宜しければ、「ドライヤー時の抜け毛は本数までなら安心?」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す